「別れても好き」は絶対元彼に言ってはいけない!その理由とは?

恋愛行動心理士のRicoです。

まだ大好きな彼氏と、
別れなければいけなくなった時…

つい、こんなメッセージを伝えたくなります。

女性_ノーマル

別れても好きでいていい?

女性_ノーマル

私、また振り向いてもらえるまで待ってるから!

あなたの正直な気持ちを、
彼に伝えたいと思うのは自然なこと。

でも、それを彼にLINEする前に
ちょっと待って欲しいんです。

ずっと好きだというメッセージを
元彼に伝えると、
かえって復縁を失敗させる
可能性が高いからです。

具体的には、こんなリスクがあります。

  • メールやLINEへの反応が薄くなる
  • 別れたのに体の関係はある、曖昧な関係になる

詳しく説明していきますね。

「まだ好き」に潜む危険とは?

どうして彼に、
「まだ好き」と言ってはいけないのか?

あなたはまだ元彼のことが好きですが、
彼はもう別れを決意してしまいました。

あなたにどれだけ好きだ!
やり直したい!と言われても、
今は応えてあげることができません。

今回の別れは彼としても
突然思いついたわけではなく、
考えに考えて出した結論のはず。

「きっと泣くだろうな…」

「こんな話したくないな…」

と悩んで、
あなたが悲しむこともわかっていて、
それでも切り出したんです。

Rico

1番辛いのはあなたですが、彼も彼なりに辛い思いをしています。

だから…

ずっと好きだと言われても
元彼にとってはプレッシャーであり、
負担になるだけ。

だって今の彼には
あなたの望みを
叶えてあげられないから。

もちろんあなたの気持ちは
ありがたいと感じるし、

「好きでいい?」

と聞かれたら、
これ以上あなたを悲しませないよう
YESと答えるかもしれません。

でも、です。

彼が優しくて誠実であるほど、
よりを戻したいという
あなたの想いとは反対に

「早く俺のことは忘れて欲しい」

「彼女にこれ以上、
期待させてはいけない」

と思わせてしまいます。
彼があなたから距離を置こうとするんです。

こうなったら、
復縁の難易度は上がりますよね?

もうひとつ考えられる危険は、
体の関係だけのセフレ状態に
なってしまうこと。

女性と違って、
男性は愛情がなくても
セックスできる生き物です。

“できればラッキー”
くらいの気持ちで、
あなたの体を求めてくるかもしれません。

女性は基本的に
愛のある相手としか
セックスしたくないので、
彼もそうだと考えて

「嫌いな女とは
セックスなんてしないよね?」

「体の関係があるということは、
まだ私を好きってことだよね?」

と期待を持ってしまいがち。

でも実際には、そうではない。
男性は恋愛感情ゼロであっても
女性を抱けてしまいます。

だから、
曖昧な関係が続くと
あなただけが辛くなります。

体の関係があるのに、
どうして彼女にしてくれないの?

と、彼の本心がわからなくて
苦しむことになってしまうんです。

好きなままでいるより、
友達に戻ったほうがいい

別れた後も
元彼と良い関係を保ちたいなら、
彼とあなたのテンションを
【同じくらい】にすることが大切です。

彼にその気がないのに
あなたが未練たっぷりでは、
2人のテンションに
すごく差がありますよね?

これだと
対等な友人関係は作れません。

元彼が友人としてならOK!
と思っているのなら、
あなたも彼のテンションに合わせること。

いきなり彼女に戻ろうとせず、
彼の希望通り、
友人として付き合うんです。

そうすれば、
彼に変に警戒されることはありません。

まずは友人として親しくなり、

 友人として好き
→女性として好き
→また付き合いたい

と、ステップアップしましょう。

恋愛は1人ではなく、
2人でするもの。

2人の気持ちが同じになって、
初めて成立するものです。

1人で勝手に盛り上がったり
一方的に想いをつのらせているだけでは、
両想いにはなれません。

想いを隠すのは
苦しいかもしれません。

あなたが大好きだって
今すぐ伝えたいかもしれません。

でも、今はガマンの時。

やり直したいという気持ちは
あなたの胸の奥にしまって、
目の前の彼と、
自分のテンションを合わせてください。

復縁なんて
考えていないように接すること。

結果的には、
それがあなたと元彼との距離を
近づけることになるんです。