愛される女は何が違う?あなたも簡単に小悪魔になる方法

行動心理士のRicoです。

男性には

女性を喜ばせたい!

という心理があります。

なぜなら、男性には

自分の能力を
他人に認めて欲しい

という強い欲求があるから。

戦う生き物である男性にとって、
自分が「すごい」ことを
周りに認めさせることは、
もはや生きがいのひとつです。

男性が仕事の自慢話をしたり、
ワインのウンチクを語るのも、
すべてはそのため。

女性に「すごい!」と言われると、
自分の能力が認められた、
と感じて満たされるんですね。

だから男性は、
女性を喜ばせるのが大好きなのです。

愛されたいなら大げさに喜ぼう

自分がしたことで女性が喜ぶ姿は、
男性にとってはご褒美みたいなもの。

彼があなたに何かしてくれたら、
【わかりやすく】喜びましょう!

彼はあなたの喜ぶ姿を期待しています。

だからあなたも、
全力でその期待に応えてあげてください。

「嬉しい!」
「あなたってすごい!」

と、笑顔と言葉で彼に伝えましょう。

すると彼は嬉しくなって、
さらにあなたを喜ばせたいと
頑張ります。

そして自分を満たしてくれるあなたを、
他の女性とは違う
大切な存在だと感じるのです。

男性は女性に遠慮されるとガッカリする

一方、せっかく頑張ったのに
女性からの反応がないと、
男性はガッカリしてしまいます。

せっかくプレゼントを用意したのに

「こんな高価なもの貰えない…」

と、おずおずされる。

「え!そんなにお金使ったの?」

と、なぜか怒られる。

彼女を喜ばせるぞ~!
と、張り切って行きたい場所を聞いたのに

「どこでもいいよ」

としか言ってくれない。

そんな冷めた反応ばかりだと、
なんだか張り合いがなくて、
この女性のために頑張ろうと
思えなくなってしまうのです。

もっと男性に愛されるコツは?

愛される女性は、おねだり上手です。

おとなしくて従順な女性より、
ワガママで相手を振り回す
小悪魔のような女性のほうが
男性にモテますよね。

なぜだと思いますか?

小悪魔女性たちは、
男性の自尊心をくすぐるのが
上手だからです。

彼女たちは、
ただワガママを言うのではなく、
男性がそれを叶えてくれると

「嬉しいー!」

と、盛大に喜びます。

一方的におねだりしているようで、
実は彼女たちは
男性が1番欲しいものを
ちゃんと【与えて】いるんです。

男性に尽くしてもらって
かつ愛してもらえるだなんて、
すごく欲張りですよね。

でも、あなただって
小悪魔になるのは難しくないんですよ。
ちょっとしたコツを教えます!

あなたも小悪魔になる方法って?

彼に愛されたいなら、
彼が解決できるおねだりを
出してあげましょう。

ポイントは、
彼にして欲しいことを
具体的に示すこと。

例えば何が食べたいか聞かれたら、

「なんでもいいよ」

と言う代わりに

「今日は美味しいパスタがいいな~」

とか

「サラダバーのあるお店がいい!」

と答えてみるんです。

すると彼は
あなたの希望に応えるため、
評判のお店を探してくれるはず。

クリスマスや誕生日を
特別に楽しみたいと思うなら、

「クリスマスは夜景がみたいな」
「フレンチに行ってみたい!」

と、やはり【具体的に】
あなたがしたいことを伝えましょう。

相手の気持ちを読むのが得意な
女性と違って、
男性は察するのが苦手。

「私は恋人なんだから、
サプライズくらい
あなたが考えてくれるでしょ?」

と、彼に勝手な期待をして
思わせぶりな態度をしたり
プレッシャーをかけたって
何も良いことはありません。

期待通りに彼が動かなくて
不機嫌になっても、

「で、結局、俺は
どうしたらよかったわけ?」

と言われて終わりです。

せっかくのイベントは楽しめず、
彼も不機嫌、あなたも不機嫌…

これじゃ救われないですよね。

でもおねだり上手になれば、
彼に尽くしてもらって
あなたも嬉しくなり、

あなたが喜ぶ姿を見て
彼も嬉しくなり、

もっと喜ばせたくて
もっとあなたを大切にする、

という好循環が生まれます。
なんだかお得じゃないですか?

「◯◯して欲しい」
とお願いすることに
抵抗があるなら、

まずは「一緒に◯◯したい」
からでもいいので、
ぜひ試してみてくださいね。