彼氏に振られたほうが復縁には有利!その理由って?

男性が女性を振った場合と、
女性が男性を振った場合。

どちらのほうが
復縁の可能性は高いのか
知っていますか?

男女の性質から考えると…

男性が女性を振った時のほうが、
復縁できる確率は高くなります。

“名前を付けて保存”する男性

女は上書き保存、
男は名前を付けて保存。

恋愛に関する、
こんな言葉を聞いたことはないですか?

こう例えられるように、
男性は一度好きになった女性のことは
別れてからもずっと忘れません。

これは、オスとして備わった
男性特有の性質。

人間や動物の本能は、
もとを辿れば

「子孫を残す」

という最終目標に紐づきます。

一度にたくさんの女性との間に
子供を作れる男性は、
たくさんの子孫を残すことを
ゴールにします。

下世話な話ですが、
今までに何人の女性を関係を持ったか
自慢する男性っていますよね。

これは、男性というオスにとって
それが自分が優れていることの証に
なるからなのです。

では女性はどうでしょう?

女性は妊娠と子育てで、
1人の子供に多大な時間を捧げます。

だから、子孫の数は追求できません。
1人で10人も20人も産む…
なんて無理ですよね。

数よりも質、
いかに優秀な子供を残すかに
大きな関心がいきます。

だから誰の子供を産むかは
女性にとって、とても重要なこと。

子供を産むに値する、
最高の1人を見つけることが
女性の恋愛の目的です。

1人見つかればいいので、
一度終わった恋には振り向きません。

女性の恋愛ファイルは、
基本的に1つだけなんです。

新しい恋が始まれば、
必要なくなった古いファイルは
新しいファイルに上書きされます。

男性は一度付き合った女性を
忘れない。

男性はできるだけたくさんの女性と
関係を持ちたい願望を
本能的に抱えています。

だから、抱ける可能性は
ずっと消さずに残したい。

一度付き合った女性や
体の関係を持った女性は、

「また抱けるかもしれない女性」

として、名前を付けて保存します。

終わった恋には
執着しない女性と、
失恋を引きずる男性。

これは性格だけの問題ではなく、
男女の性質の違いからも
来ているのです。

振られても、
可能性は残っている

女性の場合、
新しい恋が始まると、
過去に付き合った男性のことは
サッパリ忘れてしまいますよね。

でも男性は
自分から振って別れた女性でも、
完全に忘れることはありません。

つまり、復縁しやすいのです。

あなたが女性で
彼が男性だというだけで、
復縁には有利なんです。

でも、もちろん
何もせずに待っているだけでは
復縁はできません。

“今のあなた”は、
彼が自分から別れたい、
と思った女性だからです。

もし一時的にやり直せたとしても、
あなた自身が変わっていなければ
また同じ理由で振られてしまいます。

本当の意味で彼と復縁するには、
別れの理由を改善し、
彼にもう一度好きになってもらう。

このステップがとても大切です。

復縁に裏技はありません。

あなたも知っているように、
冷却期間を取り
自分磨きをして、
彼を振り向かせる。

この正攻法こそが
1番効果のある復縁方法です。

ただ…
いざこれを実行しようとすると、

「冷却期間ってどれくらい?」
「自分磨きって何がいいの?」

という疑問もたくさん出てきます。

別記事でこうした疑問に
お答えしていますので、
真剣に頑張りたい人は
こちらの記事も読んでみてくださいね。

読むと、
復縁までの最短ルートがわかります。

行動心理士が教える復縁方法、4つのステップ≫