男性は褒められるのが大好きです。それは、褒められることによって、自分の能力が他者に認められたとわかるから。

もちろん、褒められて嬉しいのは女性だって同じ。でも、女性にとって相手を褒めるということは、コミュニケーションを円滑にするためのもの。すごいね、可愛いね、というのは、もはや定型句のようなもので、相手の能力がどうこうと考えてはいないはずです。

でも、男性にとって、褒めることや褒められることは、もっと大きな意味を持ちます。

女性は子どもを産むことで、自分が生きた証をこの世に残します。でも、男性にはそれができません。だから、男性は自分が生きた証を何か別のもので代える必要があります。

男性の場合、自分の能力が周りより優れていると証明することが、生きた証になるのです。他者より優れていたい、自分の能力を多くの人に認めさせたい。男性のこうした欲求は、女性よりもずっと強いもの。

動物の世界では、オスがメスをめぐって戦い、より強い者だけが子孫を残す権利を得ます。生き物にとって、子孫を残すということが最大の命題である以上、この原理は人間だって変わりません。他者に打ち勝って、自分のほうが優れていることを示すのは、男性のオスとしての本能なのです。

だから男性は仕事で成果を上げたり、コレクションを完成させたり、記録を更新することに、女性よりずっと強くこだわります。これらはすべて、子どもを生めない男性が、生きた達成感を得るための手段のひとつ。彼らにとっては、人生の最重要課題です。

男性の能力を否定する女性は愛されない

能力を認められたい欲求が高い反面、男性はとても臆病な一面を持っています。

それは、自分の能力が劣っていたらどうしようという怖れ。男性にとって、自分が認めてもらえないということは、何より怖いことなのです。

あなたが男性と接する時には、男性のこのデリケートな性質を忘れないようにしてください。他者と比較して彼をけなすなど、もってのほか。

間違っても「あなたって本当にダメね」「私ならもっと上手にできるのに」「○○君ってすごいらしいよ」などと言ってはいけません。

男性の能力を否定しプライドを傷つける女性は、男性にとって心安らぐ相手にはなりえません。

男性に自信を与える女性は愛される

男性に愛されたいなら、男性の能力を心から認めてあげること。

「他の男より劣っていたらどうしよう」という男性の不安を埋め、自分が優れた男だという自信を与えてあげることです。

彼があなたに何かしてくれたり、何かを見せてきたら、小さなことでも素直に喜び、褒めてあげる。

彼が落ち込んでいたら、あなたならできる、と励ましてあげる。

あなたがいてくれるおかげで私は幸せ、と伝えてあげる。

彼を批判したりダメ出しをするのではなく、いつだってポジティブに彼を信じ、彼の能力を褒めましょう。すると彼はとても満たされて、あなたを手放したくなくなります。