元彼が私をLINEブロックしないのはまだ好きな気持ちが残っているから…?

元彼へのLINEが既読スルーになることはあっても、
ブロックはされていない場合…

「本当に嫌いになったなら、ブロックするはず」

「だったら、まだ脈ありかもしれない」

と、不安な中にも、
少しの期待をしてしまいますよね。

別れた後も、
彼があなたをブロックしない理由は何か?

復縁の可能性はあるのかどうか?

この2つの疑問にお答えします。

ブロックしないのは嫌いじゃないから?

まずは彼の行動から、
現状を把握していきましょう。

“こうだったらいいな”
という自分の希望や感情は抜きにして、

【彼の行動のみ】

に注目して考えてみてください。

LINEを返信しなかったり、
既読スルーにしている。

この時点で、
彼は今あなたとやりとりする気は
ないのがわかりますよね。

返信したら、
またあなたからLINEが来る。
だから、それを避けています。

「じゃあ、なんでブロックしないの?」

と不思議に思うかもしれませんが…

ブロックしない理由は、
たいてい次の2つのどちらかです。

  1. 面倒だから
  2. あなたを刺激したくないから

どういうことか、
詳しく説明していきますね。

面倒だから

相手を拒絶するのは、
心理的に負担が大きいこと。

ちょっと自分に置き換えて
考えてみて欲しいのですが…

誰かの誘いを断る時に、
こんな風に感じたことはありませんか?

「嫌だなあ」

「できれば返事せずに済ませたいなあ」

「なんて言い訳したら納得するだろう…」

たぶん、あなたにも覚えがあると思います。

相手にNOを突きつけることは、
言う側としても嫌な思いをすること。

だから、言わずに済ませられるなら
黙っていたい。

スルーして、
自然消滅するのを待ちたい。

そう考えるのが普通ですよね。

彼があなたをブロックしないのも、
それと同じです。

ブロックしないことに
特別な意味があるわけじゃなく…

ただ単に設定が面倒だから、
放置しているだけなんです。

あなたを刺激したくないから

LINEをブロックすると、
彼があなたを拒否していることが、
あなたに明確に伝わります。

ブロックに気づいたあなたが、
どんな反応をしてくるか…?

彼はそれを警戒します。

特に別れ話で揉めたり、
あなたが泣いていたり
感情的になっていた場合…

ブロックすることで
電話やメールなど他の連絡手段を
駆使して連絡されたり、

家に押しかけられたり、
しつこく追いかけられるのを
避けたくて、

あえてブロックはせず
既読スルーにしているのです。

面倒だから。

刺激したくないから。

どちらにせよ、彼の心境としては

“触らぬ神に祟りなし”

であって、
復縁の可能性に関わるような
深い意味はなかったりします。

まだ好きだからブロックしていない、
というのは深読みしすぎで…

ブロックしないというよりは、

“単に何もしていないだけ”

というほうが近いでしょう。

まだやり直せる?

「でも、嫌われてはいないんだから!」

「返信はなくても読んでくれているんだから、
まだ私を忘れたわけじゃない!」

と考えたあなた。

もしそうなら、
ちょっと危険です。

少し耳の痛い話になりますが、
彼と真剣によりを戻したいなら
この先もしっかり読んでください。

なぜ危険なのか?
それは次の2つの視点が抜け落ちているから。

  • 彼の気持ちや立場になって考えること
  • 自分の行動を反省すること

ブロックされていないから、復縁できる。

というのは、”あなたが”
そう思いたい、そうであって欲しい、
と願うことですよね。

客観的な事実ではなくて、
あなたの希望が入っているわけです。

自分に都合のいい見方ばかり選んでいると、
彼の気持ちを正確に読み取れず、
復縁は難しくなります。

ダイエットしてきれいになる!
と言っているのに、
甘いお菓子を食べまくるような、
矛盾した行動と結果になるからです。

LINEブロックの例で考えてみましょう。

「ブロックされていないから、
連絡しても大丈夫…」

あなたがこう考えて、
既読スルーされているのに
何度も彼にLINEを送り続けたらどうなるか?

LINEを受け取った彼の立場で
想像してみてください。

返信する気がないのに
追撃LINEが来るのって、
あまり気分が良くないですよね。

嫌気の差した彼に、
本当にブロックされてしまうかもしれません。

こうなってしまったら、
復縁の可能性は遠のきます。

でも、彼を主語にして
考えることができていたら…

「今は私に興味がないんだ」

「連絡しても迷惑になるだけなんだ」

「じゃあ、今はメッセージを送るのはやめておこう」

と、正しく状況を理解して、
追撃LINEを送って
彼に嫌われる事態は避けられます。

復縁成功への道が、
一歩拓けます。

自分の信じたいことを無理やり信じて
メッセージを送りまくったら、
彼との関係はどんどんマイナス。

でも、彼の気持ちを正しく思いやれば、
プラスにはならないかもしれないけれど、
マイナスにはなりません。

少なくとも、
今より悪くなることはないですよね。

復縁の失敗原因で多いのは、
自分の気持ちを押し付けて彼に嫌がられ、

「もうこいつとは関わりたくない」

と、引かれてしまうこと。

自分の気持ちや希望を優先するか?

彼がどう思うかを
あらかじめ想定して、
時には何もしないという選択もできるかどうか?

この違いと積み重ねが、
あなたの命運を分けるのです。

頑張るのは彼ではなく、自分

復縁では、
まだ相手を好きなほうが
頑張らなくてはいけません。

今の状況なら、
頑張るべきは彼ではなくて、
あなたのほう。

元彼は別れたいと思って別れ、
すでに自分の希望を叶えました。

恋人でなくなった今、
彼があなたに気を遣ったり、
あなたを喜ばせる必要はないのです。

「ブロックされていないから大丈夫」

という発想は、心のどこかに

「私は悪くない」

「私は愛されるはず」

という気持ちがあるから生まれます。

別れを自分のせいではなく、
彼のせいにしていませんか?

本当に彼とやり直したいと思うのなら、

「どうして彼は私を好きになってくれないの?」

ではなく、

「どうしたら
もう一度好きになってもらえるんだろう?」

と考えられるようになってくださいね。

彼の視点で物事を考えられるようになれば、
復縁の可能性は間違いなく、
今よりもグッと上がりますよ。