男性心理:女性を喜ばせたい

男性は自分の能力を認めて欲しい生き物です。

この性質があるので、男性は女性を喜ばせるのが大好きです。

自分がやってあげたことで女性が喜ぶと、能力が認められた=俺はすごい、と感じて嬉しいのです。

モテる女性って、男性にたくさんバッグやアクセサリーを買ってもらっているようなイメージがありませんか?

んー…。高価なブランド品をおねだりしてるようなイメージです。私にはできないですけど…。

同性から見たら、ワガママな女かもしれません。

でもモテる女性って、ただワガママを言っているわけではないんです。

彼女たちは、おねだりするだけではなく、男性がそれを叶えてあげると盛大に喜びます。

「えー!うれしー!」
「すごーい!」

こういうリアクション、女性にの目にはわざとらしかったり、なんだかバカっぽく映ることもありますよね。

でも、男性はそれが嬉しくてたまりません。

喜んでもらえた=俺はすごい男なんだ、と感じます。

一見、自分勝手で男を振り回しているように見える女性は、実は上手に男性の自尊心をくすぐって、彼らを喜ばせてあげているのです。

だから、モテます。

え…聞き分けの良い女性はモテないってことですか?

自分勝手なほど良い、ということではありませんよ。でも男性にとって、何かしてあげても反応が薄い女性は張り合いがなく、つまらなく感じてはしまいます。

例えばこんな反応。

  • 話をしても喜怒哀楽が少なく、反応が薄い
  • プレゼントしても「こんな高いもの悪いよ…」と、おずおずされる
  • 送っていくと言ったのに「ひとりで大丈夫」と断られる
  • 高価なプレゼントに「もっと別のことにお金使ってよ」と責められる
  • 行きたい場所を聞いても「なんでもいい」としか応えない

…などなど。

あなたにも心当たりはないでしょうか?

しっかりした女性や、相手に合わせようとする優しい女性ほど、こうした行動を取ってしまいがちです。

でもね、男性はあなたのお願いを叶えて、あなたが喜ぶ姿を見るという”ご褒美”が欲しいんです。

彼が荷物を持とうとしてくれたら、「いいよ、いいよ!」と遠慮するのではなく、にっこり笑顔で「ありがとう!嬉しい!」と返す。

何か食べたいものある?と聞かれたら、「今日は美味しいパスタが食べたい!」と、具体的な答えを返す。

すると彼はあなたを喜ばせるため、一生懸命に評判の良いお店を探してくれるでしょう。

遠慮する必要はありません。

だって、彼はそれが嬉しいんですからね。

あなたの喜ぶ顔を見ると、彼はとても嬉しくなって、次は何をしてあげよう?どうしたらもっと喜んでくれるかな?と、ますます張り切ってくれるようになります。

なんだか、お姫さまみたいですね…。

ふふふ、それでいいんです。男性を喜ばせるには、少しくらいワガママでOK。そのほうがお互い幸せなんです。

もしあなたが、彼に甘えるのが苦手だったという自覚があるなら、それが別れの原因のひとつだったかもしれません。

付き合っていた頃のことを思い出して、彼からの申し出や質問に、自分はどんな反応をしていたか、振り返ってみてください。

そして復縁のためのトレーニングだと思って、まずは周囲の男性への対応から変えてみましょう。

男性が何かしてくれようとしたら、素直にお願いする。

したもらった後は笑顔で喜ぶ。

そんなに難しいことではないですよね?

でも、やってみると、あなたが思う以上の効果がありますよ。

きっと周りの男性が、あなたに優しくなるはずです。