「別れても友達でいよう」

という元彼。

自分から別れたいと言ってきたのに、何を考えてるんだろう…

もしかして、まだよりを戻せるのかな…

と、モヤモヤしていませんか?

そう悩んでいる女性は、あなただけではありません。

その理由は、男性という生き物自体に、そういう性質があるからです。

男女では恋に求めるものが違う?

男女が恋に落ちる究極の目的は、子孫を残すこと。

でも、同じ子孫を残すという目的でも、男と女では重視するところが違います。

一度に複数の女性と関係を持てる男性は、できるだけ多くの女性とセックスして、たくさんの子孫を残したい欲求があります。

では女性はどうか?

子供を産むほうである女性は、一度に1人の男性の子供しか身ごもれません。

それに、妊娠出産、さらには子育てと、子供を産み育てるのに多大な時間とエネルギーを使いますよね。

だから、女性は最高の1人を求めて恋愛をします。

まとめると、男性は数重視、女性は質重視ということ。

これが、恋愛の仕方にも大きく影響しているのです。

たくさんの女性をキープしたい!

男性にとって、たくさんの子孫を残すことは至上命令のようなもの。

現代社会ではその実現は難しくなりましたが、本能の奥底には、まだその欲求が残っています。

そのため、できるだけ多くの女性と関係をキープしたいと考えるのが、男性の性質。

乱暴な言い方をしてしまうと、

「セックスできる可能性のある女は、全員キープしておきたい」

というのが、男性みんなに共通する性質なのです。

どうでしょうか?

なぜ彼が「友達でいたい」と言うのか、だんだん見えてきたと思いませんか?

もちろん、彼があなたをセフレにしようと画策しているとは限りません。

優しくて誠実な彼が、あなたを思いやってそう言ってくれているケースだってあるでしょう。

でも、私がお伝えしたいのは、そういうことではありません。

もしあなたが元彼との復縁を望むのなら…

男と女では恋愛に対する考え方が根本的に違うことがある、ということを、あなたに知っておいて欲しいのです。

その一例が「友達でいたい」。

男性の性質を知らずにこの言葉を聞くと、

「まだ嫌いじゃないってことだよね?」

「友達から復縁できるよね?」

と、期待をしてしまいます。

でも、彼の心理としては、復縁したいから友達でいるというよりは…

あなたのことをキープや保険として、手放さずにおこうという気持ちでいる可能性が高いのです。

他に気になる女性ができたら、あっさりそちらへ行ってしまうかもしれません。

友達付き合いを何年も続けた結果、やっぱりよりを戻す気はないと、振られてしまうかもしれません。

そのことに気づかないと、

「友達でいるだけで、いつか復縁できるかも」

という、間違った希望を持って、時間をムダにしてしまうかもしれないのです。

友達から復縁するには?

ただ友達として彼のそばにいるだけでは、復縁はできません。

どんなに仲が良かったとしても、「別れたい」と言われた以上、恋人として何かが足りなかったということです。

ではその”何か”って…?

それを突き止めることが、復縁の第一歩になります。

詳しくはこちらの記事でも解説していますので、友達から復縁を目指したいという人は、読んでみてください。

復縁を友達からスタートする方法。もう一度彼をドキッとさせるには?≫