セフレ=まだ彼女に戻れるチャンスがある…?

元彼とセフレになっている女性が悩み、あるいは期待してしまうのは、体の関係があるということは、まだ希望を持ってもいいのでは?ということでしょう。

嫌いな女とセックスなんてしないよね?

まだ女性として見られているってことだよね?

そう思う一方で…

彼は私の体が欲しいだけなのでは。

体の関係を拒否したら、本当に彼が離れていってしまうかもしれない。

そんな不安にも苛まれているのではないでしょうか。

元彼は、セフレのあなたをどう見ているのか

あなたが彼を好きだということは、わかりきっています。

彼のことが好きで、別れてもあきらめられないからこそセフレという関係を断ち切れずにいるのですから。

問題は、元彼があなたをどう思っているのかということ。

 

結論から言うと、彼があなたをセフレにしているのは、気持ちはないけれど体はつなぎ止めておきたいから。

もう好きではないし復縁する気もないけれど、セックスさせてくれるのなら、そのままの状態をキープしたい。

そんな都合の良い気持ちでしかありません。

厳しいようですが、これが現実であり、事実です。

男性は愛がなくても女性を抱ける

男性は、愛がなくても女性を抱けます。

これは彼が不誠実だからではなく、男性という生き物の性質。

 

自分の子孫をできるだけたくさん残そうとするのは、生き物の本能です。

男性は自分が妊娠するわけではない「生ませる性」なので、できるだけ多くの女性と関係を持つことで、自分の子孫を残そうとします。

だから、チャンスがあれば、愛情とは関係なくセックスしたがります。

 

一方女性は、一度妊娠すれば1年は身動きが取れず、その後も長い年月を子育てに費やします。

ですから、関係を持つ相手は慎重に選ばなければいけません。

だから、女性にとってセックスする相手は選ばれた1人であり、肉体関係を持った相手には特別な感情を抱いてしまうという性質があるのです。

あなたは彼だけを、彼は大勢の女性を見ている

別れた後にセフレ状態に陥っている場合、あなたと元彼の間には、明らかな上下関係ができています。

あなたは彼1人しか見ていない。

でも、彼はあなた以外の女性にも目を向けています。

あなたは、彼が見ている女性の中の、あくまでも1人に過ぎません。もう彼女ではないので、彼が他の女性とも体の関係を持っていたとしても、文句を言う権利もありません。

 

あなたは彼1人に縛られているけれど、彼は自由。

彼はあなたに「嫌なら止めれば」と言える。

あなたを失ってもかまわない、そこまでの価値は感じないと思っているからです。

あなたは彼に「嫌だから止めて欲しい」とは言えない。

彼を失うわけにはいかない、私には彼しかいないと思っているからです。

この差があなたを苦しめます。恋愛においては、2人の感情に温度差があればあるほど、温度が高いほうが苦しむのです。

 

特に、体の関係を持っている場合、苦しむことになるのは女性のほう。

先ほど説明したように、男性は愛がなくても女性を抱けますが、女性は抱かれた相手に愛を感じてしまうからです。

 

セフレの関係が続けば続くほど、あなたは悩むことになるでしょう。

でも、彼のほうは、セフレという関係に対して、深いことは何も考えてはいません。

単にセックスできる女がいるからする、くらいにしか思ってはいないのです。

どうすれば元彼と対等の立場になれるのか

あなたの苦しみをなくすには、まず彼との温度差を解消しなくてはいけません。

彼の温度を上げるのは非常に難しいので、あなたが温度を下げる必要があります。

 

不思議かもしれませんが、私には彼しかいない!と思うほど、彼はあなたから遠ざかります。

逆に、彼以外の男性もいるかもしれない、彼がいなくても楽しく過ごせる、そんな風に自由になれると、彼は再びあなたに興味を持ち始めます。

彼に自分の感情を振り回されているうちは、復縁は叶いません。あなたが彼の感情を振り回せるくらい、彼から自由にならなければいけないのです。

 

セフレから復縁に踏み出すためには、「彼に嫌われるのが怖いからセフレでいる」という状態を抜け出さなければいけません。

体の関係があれば、彼の近くにいられる。

彼の近くにいれば、復縁のチャンスもある。

あなたが本当に彼とやり直したいと望んでいるなら、そんな考えは今すぐ捨てましょう。

 

セフレからの復縁を目指す具体的な方法については、下記の記事も参考にしてください。

セフレ・曖昧な関係からの復縁方法≫