あなたが結婚のプレッシャーをかけたのが原因で彼氏と別れたという場合、大きく2つのケースに分類できます。

  1. 彼に結婚願望がない場合
  2. 結婚願望はあるが、あなたが結婚相手としてふさわしくないと思われた場合

どちらのケースでも、復縁の難易度は高いということを、まず最初に知っておく必要があるでしょう。

あなたが結婚をゴールにするのなら、彼の気持ちを変えるために相当な努力が必要とされます。

結婚をあきらめたり、我慢して彼のそばにいることを選んだ場合でも、都合のいい関係になってしまい、女性としての貴重な時間を棒に振ってしまいかねません。

もちろん、世の中には結婚を迫って振られ、その後復縁できた女性も存在します。でも、わずかな可能性に賭けて彼だけを追うのか、他にも目を向けてみるのか、どちらが1年後のあなたにとって幸せか…?

やみくもに復縁を目指す前に、よく自分自身に問いかけてみることをおすすめします。

1.彼に結婚願望がない場合

女性はなぜか「もうすぐ30歳になるから」「もう2年も付き合ったから」という理由で、彼と結婚できると思ってしまいがちです。でも、年齢や交際期間を満たせば自動的に結婚できるというわけではありません。

30歳になるから結婚できる、のではありません。彼にとって結婚を考えるほど愛している女性がいて、彼女が30歳になるタイミングが来るから、いよいよそれを実行に移そうということ。「彼女と結婚したい」という想いがあるのが先です。

まだ「彼女と結婚したい」という想いがない男性に、年齢や交際期間を理由に結婚を迫っても、それで結婚できる確率は低いでしょう。

結婚願望のない相手に結婚を迫ってしまうと、彼はあなたのことを負担に感じます。そして、付き合っているうちにまた結婚の話を持ち出すのだろうと警戒し、自分に降りかかる責任を回避しようとします。

一度こうなってしまうと、なかなか彼の警戒心を解くことは困難です。

唯一の対策は、あなた自身が、彼にとって結婚したい女性、結婚してでも他の男には渡したくない女性になるしかありません。

「結婚しろ」と言われて彼の気持ちが動くはずはありませんから、プレッシャーは二度と出してはいけません。

これには相当な忍耐力を必要とします。彼に結婚を意識させるだけの変身も、並大抵の努力ではできません。

「結婚できなくてもいいから、そばにいたい」という選択もありますが、あなたは本当にそれで幸せでしょうか?このまま結婚できないかもしれないという不安に耐えられますか?

恋愛を決めるのは女性ですが、結婚を決めるのは男性です。

あなたが結婚したいのなら、最初から結婚する気のある男性とお付き合いしないと、結婚のハードルは非常に高くなります。

それでもなお、復縁を目指すのかどうか、あなた自身によく問いかけてみることです。

2.結婚願望はあるが、あなたが結婚相手としてふさわしくないと思われた場合

彼に結婚したいという願望はあっても、あなたが相手としてふさわしくないと思われてしまった場合です。

彼に結婚願望がない1番目のケースに比べれば、まだ希望はあるかもしれません。

実行すべきは、復縁の鉄則である3つのステップです。

  1. 別れた原因、彼に結婚できないと思われた原因を明確にする
  2. 別れに至った問題を改善する
  3. 彼に「変わった」と思ってもらう

大切なのは、あなたが自分だけで「私は変わった」と思うことではなく、彼が見て「君は変わった」と思うかどうかです。言葉だけで反省や改善を訴えるのではなく、行動で彼に認めてもらえるよう努力しましょう。

ただし、あなたの家庭環境や収入、学歴、職業などが問題であった場合、そしてそれが彼にとって”結婚の譲れない条件”であった場合は、復縁はますます困難になります。

仮にあなた自身の改善で関係を修復できたとしても、また同じ問題が浮上する確率が高いからです。うまく結婚できたとしても、結婚後に同じ問題が持ち上がり、離婚してしまうケースもあります。

問題に向き合い、それを解決できるかどうか、そして、彼は一緒に向き合ってくれるかどうかを冷静に考えてみましょう。

彼が変わってくれることは期待してはいけないし、求めてもいけません。あなたがどうするか、どうしたいかをよく考えましょう。