元彼と顔を合わせなければいけない。

復縁を願う女性にとっては、嬉しくも複雑なシチュエーションです。

職場が一緒だったり、共通の知人からのお誘いだったり、予期せぬ場所でばったり顔を合わせたり…

元彼に会えることは嬉しくても、彼に対してどう振る舞うべきかは、多くの女性が悩んでしまうところでしょう。

復縁したいからこそ、ここで嫌われてはいけない、失敗してはいけないという思いもあるでしょう。

 

できるだけ彼に興味のないように振る舞うべきか。

せっかくのチャンスを逃さないために、積極的に話しかけるべきか。

復縁につなげるためには、どう振る舞うのが正解なのでしょうか…?

別れた後、元彼に合う時の振る舞い方

別れたあと元彼に会う時の振る舞いとして正解なのは、知人として自然に振る舞うこと。

元カノであることを意識せず、彼にも意識させないことです。

元彼に素っ気なくするのはNG

あなたは、冷却期間という言葉を聞いたことがありますか?

復縁マニュアルや復縁ノウハウなどでは、必ずと言っていいほど出てくる言葉で、確かに復縁を成功させる大切な要素のひとつです。

 

でも、冷却期間の意味を取り違えてしまい、「冷却期間中は元彼のことは無視しなくてはならない」と思い込んでしまう女性も少なくありません。

その誤解があると、元彼と顔を合わせても避けたり、素っ気ない行動を取ることになりますが、これは大きな間違い。

 

冷静に考えて欲しいのですが、冷却期間というのは、あなたの一方的な都合です。

元彼とあなたが、2人で「じゃあ今から冷却期間ね」と決めたわけではありません。

 

彼は何も知らずにあなたと顔を合わせるわけです。

別れた相手、しかも自分が振った相手と会うことになり、どんな顔をして会えばいいか、なんだか気まずいのは彼だって同じ。

そこにあなたが、よそよそしい態度を取ってきたとしたら…

 

元彼としては「なんだ、いくら別れた相手だからって感じ悪いな…」「もう俺とは関わりたくないってことか」と、嫌な気分になるだけです。

あなたから拒絶されているように感じ、今後連絡を取ろうという気も失せてしまうでしょう。

そうなったら、復縁には不利でしかありません。

元彼に親しくしすぎてもNG

では、元彼に親しく接すればいいのかというと、これもNG。

自分から積極的に元彼に話しかける必要はありません。

最もやってはいけないのは、彼女気取りで、自分が彼にとって特別な女性であるかのように、思わせぶりな態度を取ることです。

 

この場合は「こいつ、まだ俺のことをあきらめてないのか(俺は復縁する気はないのに)」「もう別れたのに、なんのつもりだコイツ」と、彼をうんざりさせてしまいます。

おそらく彼は、あなたを遠ざけようと距離を置くようになるでしょう。

あなたは彼と復縁したくても、彼はそうではないということを忘れないでください。

「知人」として接することで、元彼もあなたに接しやすくなる

彼に冷たくする。

いまだに彼女のように接する。

このどちらも、別れた相手への振る舞いとしては不自然でしかありません。

では、どうすればいいか?

 

彼に嫌な印象を与えないためには、彼を元彼として意識せず、サラリと自然に振る舞うのが一番です。

冷却期間や復縁ノウハウといった言葉の定義に縛られるのではなく、あなたの取った行動を彼がどう感じるかということをよく考えましょう。

 

あなたが気まずい相手や苦手な相手に会った時、どんな風に接してもらえば気が楽か?話しかけやすいか?

 

それをよく考えれば、おのずと答えは出てきます。

無視されるのも辛いし、かといって馴れ馴れしくされるのも嫌なはずです。

いつも通り、何事もなかったかのように接してもらえば、気楽だと思いませんか?

 

とはいえ、元恋人で、しかもまだ好きな人に対して自然に振る舞うというのはなかなか難しいもの。

コツとしては、彼のことを元彼でも友人でもなく、「顔見知りの知人」くらいに考えて接するのが、ちょうどいいでしょう。

あるいは、取引先の人をイメージしてもいいかもしれません。

 

彼と目が合えば軽く挨拶や笑顔を返せばいいし、彼のほうから話しかけられたら、普通に会話していいのです。

過剰に他人行儀にすることも、過剰に親しくすることも必要ありません。

 

ただし、彼に対してあなたの恋愛感情を見せることは止めましょう。

これをしてしまうと、彼はあなたに警戒して、急速にあなたから離れていこうとします。

彼と話ができて嬉しい気持ち、すぐにでも元の関係に戻りたい気持ちはわかりますが、復縁を成功させたいのなら、ここはグッと気持ちを抑えて、「顔見知りの知人」というポジションに徹してください。

関連記事)
元彼と復縁したいなら「まだ好き」ではなく「もう大丈夫」と伝えよう≫

 

ここで焦ると、彼に煙たがられたり、下手すると体の関係だけの都合のいい女性として扱われたりする可能性があります。

そうなると、復縁の難易度は、ますます上がってしまいます。

復縁したいなら、元彼であることを意識しない

大切なのは、元彼に嫌な印象を与えないこと。

あなたが彼を、変に意識していないと思ってもらうこと。

 

あなたが自然体でいれば、彼のほうも、あなたに対して変に気負うことがなくなります。

そして、今後彼のほうから、気軽に話しかけたり、連絡を取りやすくなるでしょう。

元彼が、あなたに対して気軽に話しかけられる状態を作れれば、復縁の成功は一歩近づきます。