別れた=もう彼女じゃない、という当たり前のこと

復縁は片思いからの再スタートです。

そんなことは考えてみれば当たり前のことなのですが、つい、別れた後も「自分だけは彼にとって特別なはず」と思ってしまう女性がとてもたくさんいます。

あなたはまだ彼を好きなのですから、そう思いたい気持ちもよくわかります。

でも、あなたはもう、彼の特別な女性ではありません。

特別ではなくなってしまったから、彼はあなたと別れたいと思ったのです。

自分が特別だと思うと、自ら罠にはまってしまう

「私は彼にとって、ずっと特別な存在のはず」
「彼はまだ、私のことを好きなはず」

そう思い込んでしまうと、彼に何かと期待をしてしまいます。

「病気になって動けないってメールしたら、来てくれるかもしれない…」
「他の男性からアプローチされているって聞いたら、ヤキモチを焼くかもしれない…」

実際、彼の気を引くようなメールやSNSの投稿をしてしまった人もいるかもしれません。

確かに、あなたが彼の彼女であれば、彼は心配してくれるかもしれませんね。

でも、最初に述べたように、あなたは彼の彼女ではありません。

恋人でもない女性が、いつまでも恋人気取りの態度を取りつづけたら、彼はどう思うでしょうか?

あなたが告白を断った男性が、いかにも彼氏気取りでメールをしてきたり、あなたの気を引こうとしていることを想像してください。

あなたはその人の行動を嬉しいと思うでしょうか。おそらく、思わないはずです。

それどころか、「いったい何なの、彼氏でもないのにうっとうしい」と思うのではありませんか?

あなたと彼も、それと同じ関係なのです。

彼と本当に復縁したいなら…

「自分は特別」という、自らの罠にはまらないようにしてください。

復縁は、両思いではなく、片思いからの再スタートなのですから。