元彼に着信拒否された!その時あなたにできることは…

元彼に着信拒否されていることがわかった時、あなたはおそらくパニックになったか、本当に彼を失ってしまったと絶望しただろうと思います。

まず絶対にやってはいけないことは、電話以外の連絡手段を使って、無理やり彼と連絡を取ろうとすること。

着信拒否は、「今はお前と話したくない」という彼からの暗黙のメッセージです。彼の気持ちに反する行動を取れば、あなたはますます彼に嫌われてしまうだけ。

違う携帯から電話をしようか、会社の入り口で待っていようか…

必死でこんなことを考えてしまうかもしれませんが、実行するのはもう少し待ちましょう。着信拒否されてしまった今、あなたが彼との復縁のためにできることは、「彼に何もしない」ことです。

彼があなたを着信拒否した理由を、彼の立場で考えよう

あなたが最初に考えなければいけないのは、なぜ彼はあなたを着信拒否にしたのか?ということ。

彼だって、何の理由もなくあなたを着信拒否したわけではないでしょう。何か理由があるからこそ、わざわざ携帯電話を操作して、あなたを着信拒否にしたのです。

1番多いのは、別れた後に元彼にしつこくしてしまい、着信拒否されたというケース。

着信拒否に気付くと、多くの女性は「何とかして他の連絡方法を探さなければ!」という考えに取り憑かれますが、この発想こそが、彼があなたを着信拒否にした理由。

あなたが着信拒否されたのは、彼の気持ちを無視して、自分の気持ちばかりを押し付けていたからだということに気付きましょう。

あなたは今すぐに、1分でも1秒でも彼と話をしたくてたまらないかもしれません。

でも、彼はあなたと同じ気持ちではいないのです。むしろ、あなたとは1秒だって話していたくないと思っているはず。

そして、彼にそう思わせてしまったのは、他の誰でもないあなた自身です。彼は、あなたの希望通りに行動してくれる都合のいいお人形ではありません。

あなたがしなければいけないことは、彼への連絡方法を探すことではありません。

「彼は私のせいで、着信拒否したくなるほど嫌な思いをしたんだ。私が彼に連絡しても迷惑なだけなんだ。」という事実に向き合い、反省することです。

これが理解できないのであれば、とうてい彼との復縁は叶いません。

着信拒否されても、彼と連絡を取る手段が完全に断たれたわけではありません。LINEにFacebookにSMS、共通の友人、会社、最悪の場合は探偵や復縁業者だって…

現代には、一度知り合った人と連絡を取る方法は無数にあります。

「その気になれば、またいつだって連絡はできるんだ」と思って、衝動を抑えましょう。今は連絡をしないことが、彼との距離をこれ以上遠ざけないための最善策です。

着信拒否からの復縁は長期戦の覚悟で

元彼に着信拒否されても、復縁の可能性がゼロになってしまったわけではありません。

世の中には成功率が0の復縁も、100%の復縁もありません。復縁を成功させられるかどうかは、あなたの行動次第で常に変わります。

着信拒否された場合の基本的な復縁方法は、次のような流れになります。

  1. 冷却期間を置く
  2. 別れの原因、着信拒否されるほど彼に嫌がられている原因を正しく把握する
  3. 問題を改善する
  4. 元彼に連絡を取る

ただし、着信拒否からの復縁は長期戦を覚悟しましょう。理由は何にせよ、彼は着信拒否することで、あなたと連絡を取りたくないことを明確に意思表示しています。

彼があなたに持っている嫌悪感を消すためには、どうしてもある程度の時間が必要です。

我慢できずに彼に無理やり連絡を取ろうとすれば、すべては振り出しに戻ります。着信拒否しても追いかけてくるあなたを、ますます疎ましく思うかもしれません。

人の気持ちの話ですから、冷却期間の具体的な期間については断言できませんが、1週間や2週間というレベルの話ではなく、半年や1年単位での覚悟が必要です。

それでも彼を追いかけるつもりがあるのか、冷却期間中にその点もよく考えることをおすすめします。

冷却期間の関連記事一覧はこちら≫