元彼との復縁を邪魔する1番の敵は、実はあなた自身

あなたと元彼の復縁を邪魔する最大の敵は、実はあなた自身。

正確には、元彼への執着です。

執着は自分の都合だけを考えること、愛情は彼のためを想うこと

愛情と執着は、似ているようで違います。

愛情とは、相手のためを想うこと。彼に幸せになって欲しいと願い、本当に彼のためになることを考えることです。

 

では執着は何が違うのか?

執着とは、自分のためを考えることです。

彼が喜ぶからではなく、自分が彼のそばにいたいから、自分が彼の愛情を得たいから…と、自分の幸せしか考えられません。

 

例えば、メールを送るという行動で考えてみましょう。

  • 彼に振られたのに、私は好きだからやり直したいとしつこく訴える。
  • 返事が欲しくて、返信がないのに何度もメールを送り続ける。
  • 少しでも気を引きたくて意味のないメールを送ったり、口実を付けて何かと彼にメールする。

これらはすべて、執着から送ってしまうメール。

あなたが自分の不安を解消したいがために送っているだけのメールであって、彼が喜ぶか、楽しいかどうかという発想はそこにはありません。

 

もしあなたが本当に彼の幸せを想っているのなら、彼が受け取って困ってしまうメール、彼が返事をしたくないメールは送らないでしょう。

どんなにメールを送りたくてたまらないとしても、自分が嬉しいことではなく、彼が嬉しいことを尊重できるのが愛情です。

 

あなたは本来は、愛情深い女性かもしれません。

でも、彼と別れて普通の心理状態ではなくなっている女性は、ほとんどが愛情を忘れて、執着だけで行動してしまいます。

とにかく彼と離れたくなくて、自分が幸せになりたくて、ひたすらにメールを送ったり、しつこく復縁を迫ったりしようとします。

 

彼に振り向いてもらいたいと必死なのはわかります。

でも、自分のことしか考えていない女性に対して、彼の心は動くでしょうか?

「やっぱり、彼女とやり直したい!」と思うでしょうか?

喜ぶどころか、自分の気持ちだけを押し付けてくるあなたに、彼はうんざりしてしまうでしょう。

執着から来る行動は、彼をますます遠ざけるだけなのです。

あなたの行動は、本当に元彼への愛情から来ているもの?

執着というのはとてもやっかいで、コントロールが難しいものです。

ですが、感情のコントロールができないことは、復縁の成功には致命的。執着に駆られた行動や駆け引きは、必ず失敗します。

あなたが復縁を望むなら、今自分がしようとしていることは執着なのか、愛情なのかを考える癖をつけてください。

あなたの望みではなく、元彼が今、何を望んでいるか?

あなたが元彼にしてあげられることは何か?

それをよく考えましょう。

 

どんなに声を聞きたくても、どんなに気持ちを伝えたくても、それが彼の迷惑になるのなら、今はじっと沈黙することも愛情です。

何もしないと、彼がどんどん遠くへ行ってしまうような気がするかもしれません。でも、自分の気持ちを押し付けて追いかければ、かえって彼は二度とあなたの手の届かないところまで逃げてしまいます。

一時の感情に押しつぶされて、せっかくの復縁のチャンスを台無しにしてはいけません。

元彼と連絡を取ることばかりが、復縁の近道とは限らない

元彼と復縁するためには、彼に女性として見直してもらうことが必要です。

そのためには、彼と連絡を取るよりも先に、やるべきことがあるはずです。

 

例えば、彼好みの女性になれるよう、服装やメイクを変えてみる。
付き合っている時に指摘されていた欠点を直す。
しつこいメールや電話など、彼の嫌がることをしない。

関連記事)
元彼の何気ない一言に、彼の本音と復縁成功のヒントが隠れている≫

ベージュの下着では男性を誘惑できない≫

 

彼に好きになってもらうための頑張りこそが、復縁の成功を近づける鍵。

どうやって彼に連絡しよう?とばかり考えるのではなく、彼に喜んでもらうために、あなたができることに全力を尽くしましょう。