追いかけるほど、すがるほど、元彼の心は離れていく

元彼と復縁したい時やってはいけないのは、彼を追いかけること。

あなたは彼と近づきたくても、彼のほうは違います。近づけば復縁を迫られるかもしれない、早く面倒事は終わらせて自由になりたいというのが彼の本音。

あなたと別れた後の元彼は、こちらを警戒している動物のようなもの。

近づこうとすれば逃げますが、何もせず、こちらの存在を感じさせないようにしていれば、向こうもその場でじっとしています。

つまり、追いかけなければ、逃げられることもなく、これ以上嫌われることもないのです。

相手に触りたいからといって、急に捕まえようとしたり、いきなり近づこうとすれば、やっぱりそのつもりだったか!と、一目散に逃げられてしまうでしょう。

別れても好きな気持ちを伝える。

やり直したいと懇願する。

気を引きたくて、別れた後も何度もメールやLINEを送り続ける。

こうした行為は、すべて元彼を追いかけ、捕まえようとする行為。あなたが行動すればするほど、彼は警戒心を強め、早くあなたから離れようとします。

その結果、彼とあなたの距離はどんどん遠くなり…

復縁が成功する確率も、どんどん下がってしまうのです。

復縁に失敗するのは、いきなり恋人に戻ろうとするから

復縁の失敗パターンに多いのは、別れた後の状態から、いきなり恋人に戻ろうとしてしまうこと。

でも、すでに冷めてしまった元彼の愛情が、あなたの告白や説得で、急に恋愛状態に戻ることは、まずありえません。

覆水盆に返らずという言葉がありますが、一度こぼれた水をそのまま戻すことはできません。もう一度やり直すなら、新しい水を汲み直してこなければ。

別れた時のままのあなたがいくら復縁を訴えようと、元彼の気持ちは動かせないのです。

彼の気持ちが冷めた原因を理解し、問題を改善し、付き合っていた時とは違う女性に変わって初めて、ようやく彼に興味を持ってもらえます。

それすらできていないのに元彼を追いかけるのは、自ら彼に嫌われに行こうとするようなもの。

復縁の初期では、元彼との距離を別れた時の状態でキープすること、別れた時以上に彼に嫌われないよう、2人の関係を悪化させないことも重要です。

自分の感情にまかせて行動するのではなく、元彼に愛されるためにやるべきこと、今はやらないほうがいいことを、冷静に考えるようにしてください。

元彼と復縁するための正しいステップ

元彼とやり直すためには、次のステップを踏む必要があります。

  1. 別れの原因を知る
  2. その原因を改善する
  3. 彼に、変わったと感じてもらう

彼に振られた後、多くの女性はパニックになり、いきなり彼に復縁を迫ってしまいますが、それではうまくいきません。

なぜなら、あなたが別れる前と何も変わっていないからです。

「元彼が別れたいと思った女性」のままでは、復縁はできません。

 

例えば、カレーが嫌いだという人に、私はこれが大好きだから食べて!と何度強要したところで、美味しく食べてはもらえないでしょう。

カレーが嫌いだと言っているのですから、無理やり食べさせたところで、美味しく感じたりはしません。

でも、具は同じままでも少し調理法を変えて、カレーではなくシチューにして出せば、食べてもらえる可能性は上がります。

 

復縁の考え方も、基本はこれと同じ。

彼が嫌いなものを無理やり押し付けるのではなく、どうすれば喜んでもらえるかを考え、工夫する。

その視点を持つことができれば、彼とやり直し、別れる前よりも大切にしてもらえるでしょう。