冷却期間=何もしない期間ではない

元彼と復縁したいと思った時、最初に必要になるのが冷却期間です。

冷却期間=元彼と連絡を取るのをやめる期間、ですが、これをただ何もせずに元彼からのアクションを待つ期間と勘違いしてしまうと、復縁は叶いません。

彼があなたと別れたのは、何か問題があったから。そして、ただ時間を置くだけで解決する問題などありません。

冷却期間にあなたがすべきことは、次の2つ。復縁の成功と失敗を決める、とても大切な2つです。

  1. 別れの原因を知る
  2. 別れの原因となった問題を改善する

1.別れの原因を知る

元彼との復縁を成功させるには、別れの原因を知ることが絶対に必要です。

原因がわかれば、正しい対処方法が自ずと明らかになります。

復縁するかしないか、その決定権を持っているのは、あなたではなく彼。

でも、その彼は今、あなたとの復縁を拒んでいる。

それなら「元彼に拒否された原因」を理解できなければ、もう一度彼にこちらを向いてもらうことはできません。

別れた後は感情的になっているので、冷静に自分の行動を振り返ることは容易ではないでしょう。

でも、今は心を落ち着けて、なぜ彼があなたに女性としての魅力を感じなくなったのか、あるいは居心地の良さを感じられなくなったのかを考えましょう。

別れの原因を知る際に大きな手がかりとなるのは、男性心理を学ぶことです。

男性と女性とは、同じ出来事であっても、驚くほど違う捉え方をすることが多々あります。性格の問題ではなく、男女で根本的に考え方の構造が違うのです。

それを「彼も私と同じように感じている」と思い込んでいると、致命的な問題を軽視することになりかねません。

例えばあなたにとっての何気ない一言が、実は彼のプライドを傷付け、あなたに対する恋愛感情を冷めさせていたかもしれないのです。

実際のところ、別れの原因の多くは、男性心理を知っていれば簡単に避けられたであろうことで占められるのが事実です。

男性心理に関する記事の一覧を見る≫

2.別れの原因となった問題を改善する

元彼と復縁するためには、あなたが「別れた時とは違う」と感じてもらうことが必要です。

彼はあなたの何かが嫌になって別れたいと思ったので、その問題が改善されない限りは、再び振り向いてくれることはありません。

よっぽど憎まれるようなことをしたのでなければ、友達として付き合ってはくれるかもしれませんが、あなた自身が変わらない限り、あなたのポジションは「別れて今は友達の元カノ」以上にはなれません。

「付き合ったけど、ずっと一緒にいたいとは思えなかった女」から脱するには、あなた自身の変革が必要です。

そして、変革のためには、そもそも何がいけなかったのかを知ることが必要。

別れの原因を知ることと、それを改善することは、復縁における大きな2輪なのです。

これら2つを行っていくと、冷却期間はあなたにとって、とても忙しい期間になるでしょう。

冷却期間の意味を理解せずに、ただ半年間沈黙する、連絡を取るのを止める、という上辺の行動だけをなぞっていては、どんなに待っても元彼と復縁できはしません。

彼と復縁したいなら、冷却期間の過ごし方こそが、復縁の成功を決める鍵になります。