元彼と円満に別れたからといって、復縁の可能性が高いとは限らない

元彼と円満に別れたという場合、おそらく彼は、別れたい理由をこのように言ってきたのではないでしょうか。

  • 他に好きな人がいるわけではない
  • 気になる女性はいるが、自分が一方的に好きなだけ
  • お前を嫌いになったわけじゃないし、いい彼女だと思っている
  • 今は仕事に集中したい

あなたと別れる明確な理由がないので、それじゃあなぜ別れなきゃいけないの?と、きっと納得はいかなかったでしょう。

でも、彼が別れたいと思っている以上、無理に一緒にいても幸せにはなれないだろうな、と別れを受け入れたのではありませんか?

そして、別れ方が円満なだけに踏ん切りが付かず、彼をあきらめることもできないでいるのではないでしょうか。

円満に別れた場合、元彼との連絡が普通に取れるため、その点では復縁は進めやすいと言えます。

いきなり恋人に戻ることは難しいので、一度、恋愛感情抜きの友人関係になって、少しずつ彼との距離を縮めていきます。より詳しい復縁方法については、こちらのページを参考にしてください。

別れて友だち関係になった元彼との復縁方法≫

ただし、注意すべき点が1つ。それは、円満に別れた場合、本当の別れの原因を彼があなたに語っていない可能性がとても高いということです。

誰だって、都合の悪い話は隠そうとする

特にケンカをしたわけではなく、これまでの交際も順調だったのに、突如別れを切り出された。

彼があなたを責めることはなく、全部自分のせいだからと言われ、別れ話は円満に終わった。

このケースに多いのが、本当は元彼に好きな女性ができたのが別れの原因だったということ。

別れの場においては、誰だって相手を傷付けないように気を遣います。同時に、都合の悪い話は隠そうとします。

言い方は悪いですが、どうせ別れるのですから、この場さえなんとか切り抜けてしまえば、真実をすべて話す必要はありません。

そして、「他に好きな女性ができた」というのは、彼にとっては言わずに済ませたいことです。

あなたには言わずにおくか、言うにしても「気になる人はいる」「自分が一方的に好きなだけで、まだなんの関係もない」と、オブラートに包んだ言い方をするに留めるでしょう。

彼はあなたに対して引け目があるので、あなたを責めることはできません。終始、自分を悪者にして話をするはず。

すると、あなたがパニックを起こしたりしない限り、別れ話は円満に終わることになるのです。

元彼に、すでに新しい女性がいる可能性も考えること

元彼に、すでに他に好きな女性がいたと仮定して…

新しい女性と何の進展もない状況であれば、あなたを嫌いになったのではない限り、彼にとって別れを切り出すメリットがありません。

彼のほうから別れ話をしてくるということは、彼と新しい女性との間に、すでに何かしらの進展があったと考えるほうが自然なのです。

もちろん、彼の言葉がすべて本当で、単に気になっているだけのレベルだったり、他の女性の影はないというこどだってあります。

けれど、状況を普通に分析すれば、彼が他の女性に気移りしたことが別れの原因だった可能性も十分に考えられるということは、認識しておいたほうがいいでしょう。

別れの原因を読み違えてしまうと、復縁のアプローチまで間違ってしまうからです。

もし、元彼に新しい女性や好きな人がいるのであれば、それに合わせたアプローチが必要です。新しい彼女がいる彼との復縁方法については、こちらのページも参考にしてください。

元彼に新しい彼女がいる場合の復縁方法≫