元彼の気を引こうとして、かえって嫌われる行為

「彼を心配させれば、私のことが気になって連絡をくれるかも…」

そんな淡い期待から、自分の弱った様子をSNSに投稿したり、体調が悪いなどというメールやLINEを元彼に送ろうとしていませんか?

彼の気を引きたい気持ちはわかりますが、これは復縁の典型的なNG行為。

すでにしてしまったのなら、もうやらない。

まだやっていないのなら、今すぐ思いとどまりましょう。

心配させようとする=元彼を責めているのと同じ

あなたが元彼を心配させたいのは、どうしてでしょう?

「私はこんなに辛いの。あなたのせいなんだし、一度は好きになった女がこんなに苦しんでいたら気になるでしょう?心配でしょう?それくらいあなたが好きってことなんだから、私の気持ちをわかって、今すぐ連絡してきてよ!」

おそらく、こんな気持ちがあるのではないでしょうか。

あなたの心の中には、まだ自分は彼にとって特別な女性だという思いがあるはずです。だから、あなたがすっかり弱っていたら、彼が駆けつけてくれるはずだと思っている。

でも…

違うのです。

あなたはもう、彼にとって彼女ではありません。別れたあなたを彼が特別扱いする理由はないのです。

彼に心配させようとするメッセージを見て、彼が感じるのは嫌な印象だけ。

あなたが弱った姿を見せつけようとすればするほど、彼は「お前のせいでこうなった!」と、自分が責められているように感じるからです。

残念ながら、あなたの思惑のように、やっぱりお前が大切だ、と彼が来てくれる展開にはなりません。

それどころか、別れてまで自分に面倒をかける迷惑な女、重い女と思われて、かえって元彼の気持ちを遠ざけてしまうでしょう。

元彼と復縁したいなら、彼に負担をかける行為をしてはいけない

元彼と本当に復縁したいと思うのなら、彼に負担をかけることをしてはいけません。

多くの女性が、自分の気持ちを優先した行動を取るばかりに彼に負担をかけ、復縁に失敗してしまいます。

復縁を成功させるために大切なのは、あなたがどうしたいかではなく、彼の視点で彼の気持ちを考えること。

ネガティブな気持ちを彼にぶつけるのではなく、どうしたら彼は自分から私に興味を持ってくれるだろう、どうしたら彼は私のしたことを喜んでくれるだろう、と考える発想の転換が必要です。

あなたのしようとしていることを、彼はどう感じるのか?

早まった行動で自ら復縁の可能性を下げる前に、それをよく考えるようにしてください。