気持ちさえ伝われば、元彼と復縁できる…?

彼と別れ話になった時、彼に振られてしまった時、ほとんどの女性は

「話し合いたい。私の気持ちを知って欲しい。」

と希望します。

その背景には、自分の気持ちをわかってくれれば別れなくても大丈夫かもしれない、やっぱり考え直してくれるかもしれない、という淡い期待があるはず。

でも、元彼との復縁を望んでいるなら、話し合いはおすすめできません。彼が話し合いを嫌がったり、あなたと会って話をすることを避けているなら、なおさらです。

彼としては、すでに別れる意志が決まっているわけで、あなたとの交際をどうするかは、彼の中では結論が出た問題。

あなたとしては別れ話の回避を期待して話し合いを求めるのでしょうが、彼のほうでは「今さら話し合って何になるの?」としか思いません。

むしろ、別れたいと言っているのに別れたくないと渋るあなたを、面倒な女だと思う可能性のほうが高いのです。

話し合いたい女性、1人で考えたい女性

彼が話し合いを避けようとするのには、男女の心理の違いも影響しています。

女性は、お互いの気持ちを共有し、理解し合うことで問題を解決できると考える生き物です。

男性は、問題は1人で解決するものだと思っています。

2人の別れ話に関しても同様で、あなたは「2人のことなんだから、一緒に話し合わなければ」と考えます。

でも、彼にその発想はありません。1人でじっくり考えて、あなたと別れるという結論を出した以上、今さらあなたと話し合いをすることに意義を感じないのです。

また、男性にとって、女性との話し合い、ましてや別れに関する話し合いが好意的に受け取られることは絶対にありません。

自分が責められるか、目の前で泣かれたり怒ったりされることが最初からわかっているからです。

もちろん、あなたは彼を責めるつもりはないでしょう。むしろ、自分がいかに彼を好きで、悪い点を反省しているかを伝えたいと思っているはず。

でも、それを言われる彼のほうは、自分が悪いことをしているような罪悪感を感じてしまいます。

自分のせいであなたが泣いたり取り乱したりしているのを、目の前で見せつけられるのですから、楽しいはずがありません。

そして、その嫌な思いは、そのままあなたという女性へのマイナス評価になってしまうのです。

別れに納得するために最後に話がしたいというのなら、それでもいいでしょう。

けれど、話し合いで彼を説得して、なんとか別れを思いとどまらせようと考えているのなら、その話し合いはかえって復縁の成功率を下げてしまうかもしれません。

復縁したいなら、別れ際は素直に爽やかに終わらせる

なぜ別れることになってしまったのか、納得するまで彼と話し合いたい気持ちはよくわかります。

でも、別れについて話をすることは、彼にとっては負担なだけ。

復縁したいのなら、別れを素直に受け入れ、彼に嫌な印象を残さないように潔く身を引きましょう。涙は止められないかもしれませんが、笑顔でありがとうと伝えましょう。

別れ際はきれいに身を引いたほうが、復縁の成功率は上がるのです。