気持ちを伝えれば、彼もきっとわかってくれる…?

「彼と別れるなんて絶対に考えられない。」

「私がこんなに彼を好きな気持ち、悪いところは直すと反省していることを伝えれば、彼はきっとわかってくれる…」

こんな風に考えて、元彼に自分の気持ちを伝えようとしていませんか?もしかしたら、すでに何度もメールや電話をした後かもしれません。

 

もしあなたが、元彼に気持ちを伝えれば復縁できると考えているなら、今すぐその考えは捨ててください。

自分がどんなに彼を愛しているかを理解してもらえば、きっと彼も考え直してくれると思うなら、それは間違いです。

どんなに彼に気持ちを伝えたところで、あなたの希望が叶うことはありません。それどころか、彼の心はますますあなたから離れていくでしょう。

 

冷静に考えればわかりますが、私が彼を好き=彼も私を好きになる、という公式は成り立ちません。好きな気持ちさえ強ければ、相手も自分を好きになってくれるなら、誰も恋愛で苦労はしませんね。

あなたがいきなり彼を忘れることができないように、一度冷めてしまった元彼の気持ちも、言葉ひとつで元に戻るようなものではありません。

人の恋愛感情は、説得でどうこうなるものではない。

そんなあたりまえのことを、彼と別れた直後の女性は、どうしても忘れてしまいがちなのです。

復縁では、気持ちを伝えようとするほど不利になる

恋愛と復縁の違いのひとつは、復縁では気持ちを伝えようとするほど不利になるということ。

彼は、あなたと別れたいと考えました。あなたがまだ彼を好きなことは十分わかっていて、それでも別れたいと思ったのです。

そんな彼に、あなたの愛の言葉は逆効果。

大好きだと伝えても、「いったい何度言えばわかるんだ!」「もう、いいかげんに俺のことはあきらめてくれ!」と、かえって早くあなたと縁を切りたいと思われるだけです。

 

好きだと伝えても復縁できない。

では、どうすればあなたと元彼との復縁は近づくのでしょう。

自分ではなく、元彼の望むことをすることが復縁成功の鍵

「彼に気持ちを伝えたい!」

これは、あなたの一方的な欲求です。

彼に気持ちを伝えることで、あなたは満足するかもしれませんが、彼はあなたの愛の告白を聞いて満足でしょうか?楽しいでしょうか…?

 

彼は今、あなたの気持ちを聞きたいとは思っていません。あなたとはもう別れたいのですから。いくらあなたの気持ちを聞いたところで、彼にはもう応えてあげられないのですから。

あなたが気持ちを伝えれば伝えるほど、彼は「なぜ私と別れるなんて言うの!」と、自分が責められているように感じます。

また、別れたくないと言い張るあなたを拒否することに、罪悪感も感じます。

その結果、別れた後まで自分に迷惑をかけるあなたに対して、嫌悪感が強くなります。

 

なぜ、彼に好かれたくてしていることが、逆に彼に嫌われる原因になってしまうのか?

 

答えは簡単で、彼が望むことではなく、あなたが望むことを一方的に押し付けているから。あなたのしようとしていることは、彼に負担をかけるだけの、迷惑な行動でしかないのです。

彼ともう一度やり直したいのなら、常に彼の立場になって考えること。「自分がこうしたい」からするのではなく、彼が喜んでくれるからする、という発想ができるようになってください。

 

例えば、どんなに彼の声が聞きたくても、彼があなたと話したくないのであれば、あえて今は何もしないことが、彼の立場で考えるということです。

あなたの行動は、彼に楽しさや価値を提供できているか?

あなたが一方的に彼からの愛情が欲しくてしていることではないか?

それを常に考えましょう。