他の男と一緒にいる写真や、合コンに行った報告…復縁にはつながらない

別れた後で、元彼の気を引こうとして、FacebookやTwitterなどのSNSで、わざと他の男性の存在を匂わせていないでしょうか。

他の男性と楽しそうに写っている写真や、友達と一緒に合コンに行ってきたという報告。恋がしたい、出会いが欲しいというつぶやき。

どこかで、それを見た元彼が嫉妬することを期待していませんか?

私が他の男に取られちゃってもいいの?という無言のメッセージを伝えようとしていませんか?

もしそうなら、そういう不毛な努力はやめましょう。期待通りの結果が得られず、あなたが落胆するだけです。

彼は別れた元カノが何をしていようと、あなたが思うほど気にかけてはいません。

晴れて自由の身になったのですから、楽しいことは他にたくさんあるのです。

彼があなたを好きでなければ、嫉妬の感情は生まれない

そもそも、嫉妬させるには、大前提として「相手があなたのことを好きである」ことが必要です。

好きな相手のことだから気になってSNSもチェックするし、自分以外の男が隣にいたら、こいつは誰だと気になるのです。

でも、今のあなたと元彼の関係はどうでしょう?

元彼があなたとの別れを決めたのは、理由はどうあれ、すでにあなたへの気持ちが冷めたから。

つまり、あなたに対する興味がなくなったからです。

その相手が何をしようと、誰といようと、元彼の心に嫉妬の感情は生まれません。

せいぜい「ああ、元気にやってるんだな」と思うくらいでしょう。

あなたの当て付けがあまりに露骨だった場合、逆に「あいつ、まだ未練があるのか?」と警戒される可能性もあります。

失恋のショックから立ち直れない、落ち込んでいる自分を見せようとするのも同様です。彼はあなたを心配して駆けつけて来たりはしません。

どのみち、今の時点で元彼を嫉妬させたり、心配させてやろうという発想は捨ててください。

嫉妬も心配も、彼とあなたが恋人同士だから成立するものであって、別れた2人に成立するものではないのです。
元彼を嫉妬させるなら、彼が再びあなたのことを意識し始めてから。彼が「やっぱり、こいついいな」と思ってからでなければ、意味も効果もありません。

今のあなたがしなければいけないことは、彼にやきもちを焼かせるための駆け引きではありません。

狙うのは、別れた女が、別れた後で別人のようにいい女になっていた、というシチュエーション。

あなたがもう使わなくなって飽き、売り払ってしまったブランド品。

しばらくしたらプレミアが付いて信じられない高値になっていたら、もう一度取り戻したいと思いませんか?

どうしてあの時、売ってしまったんだろうと惜しくなりませんか?

別れた時よりもいい女になること、それが元彼を嫉妬させる確実な方法です。

周りの男を利用するのではなく、自分の魅力で元彼を振り向かせる努力をしましょう。