冷却期間=元彼を無視する期間ではない

復縁成功の重要な鍵を握る冷却期間。

でも、冷却期間の意味を取り違えてしまうと、ただ時間が経つのを待つ、元彼の連絡を無視するなどの間違った対応をしてしまいます。

冷却期間中、元彼のほうから連絡が来たらどうすべきか

冷却期間中に元彼から連絡が来た場合、それを無視する必要はありません。

LINEやメールをスルーしていたら、ただ感じが悪いだけです。

元彼が送ってきたメッセージの内容に何か問題があって返信したくない、というなら話は別ですが、もしそうであった場合、そもそも復縁を望むべき相手なのかどうかから考えたほうがいいでしょう。

冷却期間というのは、あくまでもあなた側の一方的な都合であって、元彼のほうにはあなたが冷却期間中だから連絡してはいけない、というルールはありません。

冷却期間の目的のひとつは、元彼があなたに持っている嫌な感情を忘れてもらうこと。

元彼が自分から連絡をしてくるということは、あなたに対する嫌悪感がないということですから、冷却期間の目的のうちのひとつはクリアできたということになります。

あなたから連絡することは避けるべきですが、元彼から連絡が来るのであれば、もちろん返事をしていいのです。

元彼からの連絡を復縁につなげるために

冷却期間中に元彼からメールやLINEが来た場合は、普通に、冷静に返してください。

会いたいと言われた場合には、会ってもかまいません。

ただし、どちらの場合でも元彼とは女友達のスタンスを絶対に崩さないこと。恋人気分は完全に捨ててください。

付き合っている時のようにやりとりをしていると「もしかして復縁できるかも」「やっぱり私は彼にとっては特別なんだ」と、自分が彼女でいるような感覚に陥りがちです。

でも、あなたが彼に恋愛感情を持っていることを悟られてしまうと、復縁は失敗します。

都合のいい関係に持ち込まれたり、いつまでも進展のない曖昧な関係が続いたり、よりを戻す気のない彼があなたから離れていこうとしたりします。

どれになったとしても、あなたにとってのハッピーエンドにはなりません。

自分が彼の元カノだということは一切忘れ、男としてではなく、人として向き合うというスタンスを貫きましょう。

基本的には彼の聞き役に徹して、自分からあれこれと話題を振らないほうがボロが出ずに済むかもしれません。無理にやりとりを続けようとして、質問を繰り返すような駆け引きも裏目に出ます。

普通の友人とのメールやLINEで、何とかやりとりを長続きさせようと駆け引きしたりはしませんね?

駆け引きをしたくなるのは、あなたが元彼に恋愛感情を持っているから。そしてその感情は、今は復縁の障害になるものです。

何の恋愛感情もないけれど親しくはしている男友達。その人と接するように、自然に接することを心がけてください。

元彼は何を考えているの?

元彼から連絡が来ると、ほとんどの女性は「彼は何を考えているんだろう?私のことをどう思っているんだろう?」と、延々と悶々と考え続けますが、これを考えることに意味はありません。

彼の気持ちは彼にしかわかりませんし、そもそもこうしたケースでは、男性は「何も考えていない」ことが圧倒的に多いからです。

そんな馬鹿な、と思うかもしれませんが、実際に男性というのはそういう生き物。

あなたのことが好きなのであれば最初から別れませんし、彼のほうから復縁をほのめかしてくるでしょう。

ロマンチックな展開を期待したところで、その分、あなたの落胆が大きくなるだけ。

彼の気持ちを考えるよりも、自分が何をしなければいけないかを考えることに時間を使ってください。