知らないうちに彼に負担をかける行動

「迷惑なら言ってください。もうメールもLINEもしません。」

「嫌なら、嫌って言ってくれていいから。」

彼にこんなメッセージを伝えたことはありませんか?

一見、相手のことを考えているようでいて、実はこれらのメッセージはとても自分勝手。

なぜだかわかるでしょうか。

「迷惑なら言ってください。」と言われて、バカ正直に「はい、迷惑です。」と答える人は、普通はいません。

本当は迷惑だったとしても、直接そうとは言わないのが常識的な大人です。

あなただって、「僕のこと嫌いですか!?」とあなたに想いを寄せる男性から詰め寄られたら、面と向かって「嫌いです。」とは言えないでしょう。

「いや、そういうわけではないんだけれど…」と言葉を濁してしまうはずです。

自分の不安を相手に否定してもらおうとするのは止めよう

女性は不安になると、その不安を彼氏に解消してもらおうとして、否定して欲しい質問をする傾向があります。

「迷惑だったら言ってください。」と伝えるのは、「迷惑なんかじゃないよ。だからまた連絡してきて。」と言われたいから。

こんな聞き方をされたら、誰でも「そんなことないよ。」と言うだろうことを、無意識にあなたは知っています。

そして、彼が自分を肯定してくれることを期待しています。

そうして、一時の安心を得たいと思っているのです。

でも、この質問は彼に大きな心理的負担を強いるもの。

相手を気遣っているように見えて、実は反対。自分が安心するために、彼を犠牲にしています。

付き合っている彼女なら、まだ彼も優しさを見せてくれるかもしれませんが、相手が別れた元カノとなれば、ただただ重く、面倒なだけ。

いちいち「そうじゃないよ。」と答えるのも苦痛なので、あなたからのメールやLINEに返信せず、無視することも多いでしょう。

本当のことを言ったら、あなたが傷付くと知っているからです。ある意味、返信しないのが彼の優しさとも言えるかもしれません。

復縁で最も大きな障害となるのは、この「彼を気遣っているようでいて、実は自分のことしか考えていない」心理。

これをしている限り、あなたが彼と復縁できることはありません。

あなたの言葉は、あなたの行動は、自分が楽になるためのものか、彼が心地よくいられるためのものか?

自分の感情に任せて動く前に、それをよく考えるようにしてください。