別れても、彼女じゃなくても、そばにいられればそれでいい?

大好きな彼と別れることは、身を切られるように辛いこと。

彼と離れることが耐えられず、つい

「別れても友達でいてくれる?」
「彼女じゃなくなっても、好きでいていい?」

などと言ってしまうこともあるでしょう。

どんな形でもいいから、ただそばにいられればいい。そう思う気持ちはよくわかります。

でも…

彼と復縁したいのであれば、上記の発言はNGです。

別れてもそばにいたいは片想い宣言

別れてもそばにいたいと彼に伝えるのは、あなたの片想い宣言をしているも同然。

彼はあなたを好きじゃないけれど、あなたは彼が好き。

そんな状態を彼に公言することです。

彼との関係に上下関係が生まれてしまい、当然あなたのほうが下。

彼のほうから見ると、あなたをキープしておこうという気持ちが生まれやすく、セフレや都合のいい関係に持ち込まれやすくなってしまうのです。

復縁したいなら、一度きちんと別れること

復縁したいのなら、未練があってもそれを見せず、一度潔く彼から離れることです。

別れた後も、あなたがいつでもスタンバイ状態で、呼べばすぐ来るし、メールもLINEも頻繁に来る…

という状態では、彼はあなたを失った感覚がありません。

自分に惚れきった、いつでも簡単に手に入る女が1人、増えただけです。

彼があなたの連絡に応えてくれるのは、あなたのことが好きだからではなく、嫌いではないし、好きだと言ってくれるならキープしておきたい心理があるからです。

この関係をいつまで続けても、恋人に昇格するのは難しいでしょう。

あなたがすでに、「あなたが私を好きじゃなくてもいいんです!」という降参宣言をしているからです。

彼のほうには、あなたを好きになる必要がありません。そしてその状況を作り出しているのは、他でもないあなたです。

復縁したいと本気で思うのなら、「今までありがとう、さようなら」と、きれいに身を引いて彼の前から姿を消しましょう。

彼は意外に感じると同時に、少し寂しくも感じます。

そして、あなたが彼の毎日から消えてしまったことがわかると、

「俺、本当にあいつと別れちゃったんだな」

と、ふとした時にあなたを思い出したり、あなたを手放したことを惜しむ気持ちが生まれます。

その気持ちこそが、あなたと彼を復縁につなげてくれるものです。