メールやLINEは、彼とあなたをつないでくれる重要なツールです。

でも、恋愛中と同じような感覚でメールやLINEをしてしまうと、かえって元彼に嫌われてしまうことも。

元彼にメールしたのに返信がなかったり、既読スルーに不安になっているという女性は、こんな内容のメッセージを送ってしまっていなかったでしょうか?

  • 彼を好きな気持ちや、未練が伝わる内容
  • 彼の状況を探る内容

どちらも、彼と復縁できるどころか、かえって彼の気持ちをあなたから遠ざけてしまいます。

未練が伝わると、彼は引く

「やっぱり私、○○君のこと好きなんだなって思ったよ。」

「迷惑かもしれないけど、私の気持ちが伝わるまで、ずっと待ってます。」

「今日は2人でよく行った渋谷のお店に行ってきたんだ。○○君との思い出の場所だって思うと懐かしくて、なんかちょっと泣いちゃったよ。」

「私やっぱりあきらめられない。もう一度会って、話ができないかな?」

こうしたメッセージは、彼を好きな気持ち、別れてもなお未練があることが強く伝わります。

復縁したい女性によくある勘違いは、自分が彼を好きな気持ちを伝えれば、彼がまた振り向いてくれるのではと思ってしまうこと。だから、自分はこれだけあなたを想っているというメッセージを伝えようとしてしまいがちです。

でも、実はそれは独りよがりな行動です。だって、彼はあなたと別れたい、離れたいと思っているのですから。好意を伝えられても、応えてあげられないのですから。先ほどのようなメッセージを送っても、

「好きだと言われても、俺はもうやり直す気はないよ。かといって拒否するのも気が重いし、下手に返信して期待を持たれても困るし…」

と、彼を困惑させるだけです。結果的に、返信しない・既読スルーなど、あなたに対して”何もしない”ことを選択することになります。

別れた元彼女からの恋愛感情は、彼にとっては負担であり、返事のしようがないものなのです。返信がない不安から何度もメールやLINEをしてしまうと、彼の嫌悪感が強くなり、ブロックまでされかねません。

状況を探るのは、別れてからも彼を束縛するようなもの

「最近は、女の子と出かけたりする?」

「もう新しい彼女と幸せなのかな」

「今日は何してるの?」

彼に女性の影がないかを確認したり、彼の行動を把握しようとするメッセージも、好意的には受け取られません。だいたい、誰かに自分の行動を監視されるのは、あまり気分の良いものではありません。

一度だけならともかく、何度も彼の状況を探るようなメールやLINEをしてしまうと、

「彼女でもないのに、どうしていちいちお前に報告しなきゃいけないわけ?別れてからも束縛するなんて、面倒な女…」

と思われかねません。また、こうしたメッセージからは、あなたが彼に未練があることがありありと出てしまうため、やはり彼は引いてしまいます。

彼のことを何でも知りたい気持ちはわかりますが、復縁したいのなら、あなたが彼に送るメッセージが、彼にとって負担になるもの、気分を害するものであってはいけません。

自分が聞きたいことだけを一方的に押し付けるのではなく、「このメール、このLINEを読んだら、彼はどう思うかな?もし自分が、別れた彼氏からこんなメッセージを受け取ったらどう感じるだろう?」と、彼の視点で考える癖をつけましょう。

彼の立場になって考え、行動する。これは復縁成功のために絶対必要な大原則です。