男はなぜ自慢話とウンチクが好きか?

男性には、自分の能力を認めて欲しいという本能があります。

※詳しくはこちらの記事で書いています。
男性の本質(2)自分の能力を認めて欲しい≫

この性質があるので、男性は女性を喜ばせるのが好きです。女性が喜ぶと、自分の能力が認められたと感じて嬉しいのです。

男性が仕事の自慢話をしたり、ワインのウンチクを語りたがるのも、いかに自分が優れた男であるかを証明したいから。彼らはあなたに褒められたくてしょうがないのです。

だから、男性のアドバイスを素直に聞き入れて実行する女性や、聞き上手の女性というのは、いつの時代も愛されます。彼女たちは彼らの自尊心を満たして、男としての自信を与えてくれるからです。

愛される女性は、おねだり上手。遠慮する女性は愛されない

おとなしくて従順な女性より、ワガママで相手を振り回すような女性のほうが男性に人気があるのは、なぜでしょう?

それは、ワガママな彼女たちは、上手に男性の自尊心をくすぐっているから。彼女たちは、ただワガママを言うだけではなく、男性がそれを叶えてくれると盛大に喜びます。

最初に述べたように、男性は女性を喜ばせるのが好きな生き物。自分がしたことで女性が喜ぶ姿を見るのは、彼らにとっては何よりのご褒美です。

一方、何かしてあげても反応の少ない女性というのは、男性にとってはつまらない女性です。

とっておきの自慢話をしているのに、つまらなさそうにしている。褒めてもくれない。

せっかくプレゼントや豪華な食事を用意したのに、「こんな高価なもの悪いよ…」とおずおずされる。もしくは「こんなにお金を使うなんて!」と機嫌が悪くなる。

欲しい物や行きたい場所を聞いても「私はどこでもいいよ」としか答えない。

こんな女性は、男性にとっては張り合いがありません。

男性が能力を発揮できる課題を出してあげる

彼に愛されたいなら、遠慮するのではなく、彼が解決できる課題を出してあげること。ポイントは、彼ができることを具体的に示すことです。

例えば、何が食べたいか聞かれたら、「なんでもいい」と言うのではなく、「今日は美味しいパスタが食べたい」と答えましょう。すると彼は、あなたの希望に応えるため、美味しいと評判のお店を探してくれるはず。

クリスマスを彼と特別に楽しみたいのなら、「クリスマスは夜景を観に行きたいな」「たまにはフレンチのディナーを食べてみたい」と、彼に何をして欲しいかを具体的に伝えることです。

相手の気持ちを読むことに長けている女性と違って、男性は察するということが苦手です。彼に勝手な期待をして曖昧な態度やプレッシャーをかけるだけでは、「で、結局、俺はどうしたらよかったわけ?」と言われて終わりです。

男性に愛されたいなら、彼に自分の気持ちを察してもらおうと考えることはやめましょう。

嬉しい時には大げさなくらいに喜んで見せること

男性は、自分が何かしたことで女性が喜んでくれることを期待しています。ならばあなたも、全力でその期待に応えてあげてください。

「嬉しい!」「あなたってすごい!」ということを、笑顔と言葉で彼に伝えましょう。

すると彼は嬉しくなって、さらにあなたを喜ばせたいと頑張ります。彼は、あなたの喜ぶ顔が見たいのです。