男性は、自分の自由を奪う女性を憎む

男性は、いつも自由でいたい生き物です。

自分の行動は、すべて自分が決めている。
自分は誰かの意志で動いているのではない。

いつだってそう思いたいのが男性です。

「俺が会いたいから会う」が崩れるとうまくいかない

彼があなたに会う時、「俺が会いたいから会う」という気持ちであれば2人の関係はうまくいきます。

でも、あなたに会うことが「会いに行かないといけない」義務や強要になると…

あなたは彼にとって”自由を奪う存在”になってしまい、彼はあなたを疎ましく思うようになっていきます。

結婚のプレッシャーなどは、まさにその典型。結婚に対する心の準備ができていない彼に結婚のプレッシャーをかけることは、「私はあなたの生活と人生を拘束したい」と宣言するようなもの。

彼は、自分の大切な自由を奪うあなたから逃げようとするでしょう。

北風と太陽の太陽になろう

彼の大切な女性になりたいのであれば、彼の自由を奪わないことです。

何かを強制したり禁じたりすればするほど、かれはそのルールを破って、あなたから自由になろうとします。

童話の「北風と太陽」の話で考えてみましょう。北風と太陽が、ある旅人のコートを脱がせたほうが勝ちという条件で勝負をするお話です。

北風は、旅人に強い風を吹き付けて、無理やりコートを脱がそうとしました。でも、風が吹けばふくほど、旅人はコートをしっかり着込んで脱ぐまいとします。

一方の太陽は、旅人を暖かい光で照らしました。汗をかいて暑くなった旅人は自らコートを脱ぎ、この勝負は太陽に軍配が上がりました。

男性の心理も、このお話によく似ています。ああしろ、こうしろ、と要求されればされるほど、彼の心は頑なになっていくのです。

あなた自身も彼から自由でいればいい

では、どうすれば彼を束縛せずにいられるのでしょう?

恋愛では、余裕のないほうが立場が弱くなります。あなたが彼の行動を監視したいのは、余裕がないからではありませんか?

私はこんなに彼を好きなのに、彼は好きじゃないの?
他の女に彼を取られるかもしれない。
私以外に気になる女ができるんじゃ?

そんな不安や自信のなさが、あなたを疑心暗鬼にして、彼を縛ろうとする行為に走らせます。でも、その行動がますますあなたの余裕を奪い、彼の愛情を遠ざけるということに気付きましょう。

彼が自由であるように、あなただって自由です。彼のために自分の時間のすべてを捧げるのではなく、恋愛以外の楽しみを持ちましょう。

余裕のある女性は魅力的です。そして男性は、そんな女性を”自分の力で”自分のものにしたいと思うのです。