元彼の着信拒否に隠された心理とは?

別れた後で、元彼があなたを着信拒否にする理由は2つ考えられます。

  • あなたの行動に引いてしまい、あなたからの連絡を迷惑に思っている
  • 別れのけじめ、決別の意思表示をしている

着信拒否のそれぞれの理由について、詳しく考えていきましょう。

着信拒否の理由(1)
元彼にしつこく復縁を迫って、引かれてしまった

別れた後も、しつこくメールや電話をした。
やり直したいと何度もすがった。
彼の前で泣いたりパニックになったり、感情的な言動をした。

着信拒否のストレートな理由として、こうした行為が度を過ぎてしまったことがあげられます。

冷静に考えればすぐわかるはずのことですが、彼に振られて平常心を失っていると、こんな簡単なことにも気付けません。

別れ話をする時は、彼も彼で悩んでいます。別れたくないと渋られるかもしれないと不安に感じ、話がこじれるのを怖れています。

そこであなたが潔く別れを受け入れれば、彼は意外な反応に拍子抜けして、後ろ髪を引かれるような思いを残すでしょう。

別れを切り出された時は、騒がずあっさり身を引いたほうが、復縁の可能性は上がります。元彼が最後に見たあなたの姿が、あなたの最後の印象として残るからです。

反対に、泣いて騒いでパニックを起こせば、彼に「早くこいつから離れたい、別れて自由になりたい」と思わせます。

何度もしつこく連絡されるうちに面倒になり…

話が通じないあなたに対して、着信拒否やLINEブロックという形で、話に応じるつもりがないことを暗に伝えようとします。

このような形で別れてしまうと、別れた後も「やっぱり、あんな女とは別れて正解だった」と、別れを納得させてしまいます。復縁のスタートとしてはあまり良くありません。

着信拒否の理由(2)
元彼があなたとの恋愛にけじめをつけようとしている

2つ目は、元彼があなたとの恋愛にけじめをつける意味で着信拒否している場合です。

これにはいくつかの事情が考えられます。

  • 彼の性格として、一度終わった関係を振り返らないように着信拒否をした
  • ケンカ別れをした場合に、もう自分たちは本当に終わったのだという意思表示をしている
  • すでに新しい彼女がいて、余計なトラブルを防ぐために着信拒否している

いずれにせよ、着信拒否は「今は連絡しないで欲しい」「今は連絡されても応えるつもりはない」という彼からの暗黙のメッセージ。

こうなってしまったら、今は彼の意思を尊重して、無理に連絡を取ろうとするのはやめましょう。

電話番号を変えて電話をかけたり、メールやSNSなどの別の連絡手段で彼を追うようなことは、絶対にしてはいけません。

彼は、あなたと話をするのが嫌なのです。そこへ押し売りのように迫っていったら、元彼との復縁どころか、彼に決定的に嫌われる原因を作るだけです。

伝えたいのが復縁の希望ではなく謝罪だとしても同じこと。今あなたが彼にしてあげられるのは、彼の望みどおり、彼に接触をしないことだけです。

着信拒否されたということは、彼の中でのあなたの評価は、多かれ少なかれマイナスになっているか、今は触れたくない問題になっています。

あなたに対するネガティブな感情が消えるためには、しばらく時間が必要です。

下手に行動を起こして、自ら復縁の可能性を潰してしまうようなことは避けてください。