元彼に送ったLINEが既読にならないのは、ブロックされた可能性がある

元彼にLINEを送ったのに、いつまでたっても既読にならない。

未読スルーが続き、何を送っても反応がない。

そんな時は、元彼にLINEを無視されているか、あるいはLINEをブロックされていて、そもそも彼があなたのメッセージに気付いてすらいない可能性があります。

メールアドレスの変更や電話の着信拒否と違い、LINEはブロックされてしまった後でも、相手には普通にメッセージを送信することができます。

特にエラーが出たり、ブロックされていることが通知されたりはしないので、ブロックされた側は、自分がブロックされていることに気付きません。

あなたのLINEの画面上には、通常どおり自分が送ったメッセージが表示されます。

一見、普通にLINEを送れたように見えますが、実際にはこのメッセージは相手には送信されてはいません。

元彼に送ったLINEがずっと既読にならない場合、ブロックされてしまった可能性もあるのです。

単にスルーされているだけなのか、あるいはブロックされているのか、どちらなのかはLINEの画面上では判断ができません。

LINEのプレゼント機能で元彼にブロックされたかを確認する方法

元彼にブロックされてしまったかは、LINEのスタンププレゼント機能を使って知ることができます。

この方法を試しても、実際に彼にスタンプがプレゼントされることはありません。プレゼントを送信する前に、ブロックの有無がわかります。

具体的な方法は次のとおり。

  1. LINEのスタンプショップで適当なスタンプを選択する
  2. スタンプ画面にある緑のボタン「プレゼントする」をタップ
  3. 友達を選択する画面に変わるので、元彼を選択

この操作をして、次の画面に進めるようなら、ブロックはされていません。

もし「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示された場合、元彼にブロックされている可能性があります。

ただし、彼が本当にそのスタンプを持っている場合も同様のメッセージが出るので、100%ではありません。

1回メッセージが出たら、彼が使わなさそうな別のスタンプでもプレゼントを試し、それでもダメなら、ブロックされている可能性が高いでしょう。