冷却期間は、なぜ必要?

冷却期間とは、元彼への連絡を断つ期間のこと。

復縁とは人の気持ちの問題なので、何ヶ月の冷却期間を取れば復縁が成功するなどという法則はありませんが、多くの場合、冷却期間は確かに復縁には有効です。

その理由は、元彼があなたに抱いている、ネガティブなイメージを消すのに有効だから。

あなたとの嫌な記憶をリセットして、もう一度、気持ちも新たにあなたという女性を見てもらう。冷却期間はそのために必要なのです。

別れた直後の元彼の心理状態を考えよう

元彼が一方的にあなたを振った場合や、別れ際にあなたが彼にすがってしまった場合、彼の記憶には、あなたに対するネガティブな感情が残っています。

振られたあなたも辛いですが、振るほうの彼にとっても、別れ話を切り出すのは苦痛を伴うこと。かなりのエネルギーを消耗して、やっと別れ話を切り出しています。

それなのに、別れた後もあなたから頻繁に連絡があっては、彼はあなたに罪悪感を持ちますし、悪ければ「いいかげん、俺から離れてくれ」と、嫌悪感すら抱きかねません。

つまり、別れた直後の彼にとっては、あなたと接触すること自体が苦痛なのです。

大好きな彼をさんざん苦しめて、その先に復縁という結果が待っているでしょうか?

あなたは彼と連絡を取りたくてしょうがないかもしれませんが、元彼は真逆の心理状態であるということに気付きましょう。

この状態で、いくら復縁を持ちかけても、元彼の気持ちは動きません。

冷却期間は、復縁の足場を作るもの

泥の入ったコップをイメージしてみましょう。濁った水をかき混ぜても、水はますます濁るだけ。事態をますます悪化させてしまいます。

別れた時点から、これ以上2人の関係が悪化しないよう、泥が沈んで水がクリアになるまで待つ。それが冷却期間の持つ意味です。

別れた直後というのは、どうしても「今すぐ、彼を説得してなんとかしなければ!」と、冷静さを失ってしまいがちですが、これでは自ら泥をかき混ぜるようなもの。完全な自爆行為です。

今は何もせず、潔く彼の前から身を引くことも、あなたが復縁成功のために出来ることのひとつです。

元彼の前で泣いたり、しつこく復縁を迫るようなことは、今すぐにやめましょう。それが、あなたの復縁生命をつなぎます。