彼への連絡をすべて止める

メールに電話、実家への押しかけ未遂。いまだ彼からは何の連絡もなし。

彼への気持ちは募る一方でしたが、私はここで彼と連絡を取ることをあきらめ、しばらく沈黙することにしました。

彼が私と話す気がないのだということをようやく悟り始めていましたし、もう疲れ切っていたこともあります。最後に1通だけメールを送りました。

「あなたの気持ちも考えずに、しつこくメールや電話をしてしまって本当にごめんなさい。もう連絡はしないようにします。」

こんな内容だっと思います。本当は自分の気持ちを伝えたかったし、彼が私や元カノのことをどう考えているのか、今どうしているのかを全部聞きたかった。

でも、すでにさんざんメールも電話も無視されていたので、長文メールを送ったところで読んではもらえないかもしれないというあきらめから、短いメールをするだけに留めました。

後日、彼とその時の話をした時に聞いたのですが、彼はいつ私からの連絡が来るのかとずっとビクビクしていたそうです。

払えるならば払いたいが、そうしたくてもできない、お金の取り立てを受けているような気分だったと…。

「Ricoを嫌いになったわけではなく、俺が全部悪かった。だから着信拒否やメール拒否はできなかったが、自分でも気持ちの整理がついておらず、Ricoと話すことから逃げていた。」と、そう言っていました。

私から連絡しません宣言があった時は、正直ホッとしたのだそうです。

沈黙から1ヶ月、彼が戻って来た

心にフタをして1ヶ月。ある時、何の前触れもなく彼は戻って来ました。

夜にチャイムを鳴らす音があり、宅急便だろうと思って出てみると、そこにはどこかバツの悪そうな顔をした彼の姿。

そして「自分勝手だとわかっているが、許してくれるならまた一緒にいたい」という彼の言葉で、彼と復縁したのです。

実は心の片隅には、ずっと「好きだけど、愛していない」という彼の別れの言葉が引っかかっていましたが、また彼に会えた嬉しさと、たとえ2番目だったとしてもいいから彼のそばにいたいという気持ちが勝っていました。

結局、元カノの問題をうやむやにしてしまったことで、この彼とはお別れすることになるのですが、それは後日談として記したいと思います。